北海道旅1日目:思い出の新富良野プリンスホテルへGO!(お部屋編)

最終更新日

新富良野プリンスホテル

北海道旅行初日は富良野への移動がメインに。
新千歳空港から車で約130km、休憩無しだと2時間半ほど。スキーで宿泊したことのある、新富良野プリンスホテルへ向かいます。

↓ 新富良野プリンスホテル・ロビーの様子
↓ 新富良野プリンスホテル・お部屋
↓富良野温泉「紫彩の湯」

住所北海道富良野市中御料
お問い合わせ0167-22-1111
利用時間チェックインタイム:15時
チェックアウトタイム:12時
公式ホームページ公式ホームページ
Web予約一休でチェック!
じゃらんでチェック!

初日は曇り時々雨と天候も良くなく、初めての場所に、慣れない車での長距離の運転。OTTOさんには感謝・感謝です。

ただ、お昼を食べた後は真っ直ぐホテルに向かうはずだったのですが、アウトレットモールで靴が見たい、どこそこが見たいというOTTOさんにお付き合いしていたら14時半に! そこからホテルに移動したのですが、着いたのは18時くらいになってしまいました…汗

今回、新富良野のプリンスホテルを選んだのは、初めての北海道スキーの思い出を振り返りたかったから。

4月の春スキーだったので、ガリガリだったけど。人が少なかったのはGOOD!

温泉上がりにビール飲みながらマッサージチェアを楽しみ、夕食に訪れた「Soh’s BAR」で暖炉の火を見ながら過ごしたこと。非日常的で、とても心地良く、野生のキタキツネに感動したりと、今回もゆったりした時間を過ごしたいなと思っています。

新富良野プリンスホテル・ロビーの様子

エントランスから入ると、開放的なロビーが広がります。

向かって左手に行くと、客室に行くエレベーター。

右手にはお土産コーナーがあります。

お土産だけではなく、夜にお部屋で楽しめるようなお酒やおつまみなんかも品揃え豊富。見ていても楽しいです。スキーのシーズンにはスキーグッズなんかも販売していた記憶があります。

こちらは、ドラマ「北の国」からのパネルが展示されている階段。ドラマのことはあまり知らないのでスルーしちゃいますが、この階段がなかなかドラマチック。降りると夕食や朝のビュッフェ会場に出ます。

新富良野プリンスホテル・お部屋

今回泊まるのは、ベーシックな28.0㎡のツインルームです。

TVが置いているキャビネットには、冷蔵庫やパジャマ、温泉用のタオルなどが入っています。カードキーなので問題なさそうですが、そう言えば金庫が無かったです。

温泉に行く際は、こちらの色のついたタオルを使用します。

多分、3人でも宿泊できるようになっているぽくて、壁際にはソファがあったり、机の上にはてるてる坊主。明日は雨が止みますように。

このホテルで一番不思議なレイアウトは、入ってすぐ右に洗面台があること。珍しいですよね。

温泉があるので使うことはないですが、普通のユニットの内風呂が着いています。

富良野温泉「紫彩の湯」

客室から温泉に行くには、一度1階まで降りてロビーを横切ります。
そこからさらにテクテク歩いて、階段降りて、登ってなので、ちょっと距離があるんです。

こちらが入口。

スキーシーズンはゲストの利用もできるようで、ロッカーなども完備されています。

実は、このエリアの一角にマッサージチェアがあったのですが、コロナの影響で撤去されたのだとか。とっても残念。ビール飲みながら、マッサージするのを楽しみにしてたのに><

リラクゼーションルームは待ち合わせ場所としてピッタリ。
冬に来た時もここで本を読んでのんびりしていたな〜。懐かしい。

到着した日は夜になってしまったので、ひとまず私は休憩、OTTOさんは温泉へ。

その後、お楽しみの「Soh’s BAR」へ夕食に出かけるのですが、
そこでまさかの事態が…。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ にほんブログ村 旅行ブログへ

 

error: Content is protected !!